↓超★お得なセット発売中

リボンマスク リバティ かわいいマスク
インスタグラム
えくりゅ刺繍店
神戸タータンスマホリング
神戸タータン
生地サンプル請求
レビューの書き方
お気に入りリスト
  • 可能な場合は、全て「オーダー」のご注文にて承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
ピックアップカテゴリー
商品検索

blog&SNS
  • shop blog
  • LINE
  • インスタグラム Instagram zakkaecru
  • facebook ecru エクリュ

モバイル版はこちら

rss atom

ホーム > エクリュ ストーリー


「エクリュ」誕生のストーリーをこちらに掲載します。
少々長くなっておりますが、お読みいただけると幸いです。

エクリュ ストーリー

根底にあるのは、母が作ってくれた 姉妹お揃いの洋服

小さい頃、洋裁が得意な母がいつも作ってくれた「姉妹お揃いの洋服」
それは、特別なこととは思っていませんでした。

でも今思うと、とても貴重で
「特別なこと」だったことに気づきます。

様々な業務経験をしてきて

実はこれまで、様々な業務を経験してきました。

・一生に一度の結婚式での
 「ウェディングフラワーコーディネーター」としての経験

その後、全く畑違いの「ウェブの世界」に興味を持ち、可能性を感じ
・「ウェブデザイナー」として、
 お客様のご希望を、ウェブ上で形にする仕事
 をすることになりました。

ウェブの仕事する前は、全くパソコンにも詳しくもなかったですし未知の世界でした。

2つの全く異なる分野での業務でしたが、気が付けばどちらも、
「何もないところから、お客様のご希望を形にする」
という仕事でした。

そして、それらはいつも
「とっておきの 特別感あるアイテム」でした。

経験してきたことを活かしながら、
「アナログ(手作り) × デジタル(Web)」
を組み合わせて


「特別感ある、とっておきのものづくり」
 が何かできればいいなと考えるようになりました。

「ネットショップ」をすることに決める

そこで、「ネットショップ」を持ちたいと思うようになりました。
でも、実は何のショップにするか、肝心の「商品」が決まっていなかったのです?!

「ネットショップ」をすることは決めていたけれど、
何を販売しようかと、そんな変な順番で
「ネットショップ」をすることだけを決めたのが、スタートでした。

「特別感あるアイテム」作りに魅力を感じて

当初、母がやっていたような、「洋服」作りができれば素敵だなと思い
それまで全く使っていなかった、ミシンを引っ張り出してきて、
様々な型紙をもとに、洋服作りに没頭する毎日に。

その時は既に、母は他界していましたので
こんなことになっているとは夢にも思われていなかったでしょう。
私は小さい頃、洋裁は苦手ではなかったですし、
多分他の人に比べると、ちゃんとやれば上手にできていたタイプです。
でも、決して自分から進んではやらなかったのです。
なぜかあまり好きになれなくて。

洋服作りをしていくうちに、
「型紙 パターン」て、とても奥が深いということを知り、
文化服装学院の、しっかりとした洋裁の通信講座を受講し、勉強もしました。

「手作り」した洋服を、身に着けられるのは、
既製品とは全く異なる満足感がありました。

また、
どこにでも売っているようなデザインではなくて
細かい部分にも「こだわり」を持って企画された洋服は
「特別感」があって。


こんな
「特別感あるものづくり」を、
自分でも企画してやってみたい、そう考えるようになりました。

「リバティプリント」との出会い

色々な洋服を作っていくうちに、
「生地」にも興味を持つようになり、たまたまネットで、
なんて可愛い花柄なのだろうか!と
見つけたのが、「リバティプリント」でした。


花柄は数多くありますが、こんなに繊細で美しくて可愛い花柄は、他とは全く違うなと、 ネットで見ているだけでも、その魅力がわかりました。

そして、ものすごく「多くの種類」があること、
それぞれの柄には「名前」がついているということを知りました。


自然界に咲く「バラ」のお花には、非常に多くの種類がありますが
それぞれに「名前」がついていて、同じ白いバラでも微妙に様々な白があり
大きさや咲き方に違いがあります。
お花の仕事をしていた時に、ウェディングブーケの制作では、
ブーケのイメージに合わせて、バラの品種にもこだわって選んで使っていました。

一つ一つに名前が付いているところや、多くの種類があり、どれもこだわってデザインされている所が、お花とリバティプリントと共通点があるような気もして、その魅力に引き込まれていきました。

そして、神戸には幸運にもリバティプリントを販売している素敵なお店もございますので、実際に生地を見に行きました。
どの柄がいいかとても迷いながら、でも選ぶのが楽しくて。
何に使うかも決めていないまま、小さな端切れを購入しました。
実際の生地を手にした時のわくわく感は、今でも忘れられません。

随分後になってから、 昔購入したブラウスが、実はリバティプリントの洋服だったことに気が付きました。
なんだか他の洋服とは違い、とてもしなやかで着心地がいい素材で、 花柄も素敵だなと感じて、とても気に入っていたものでした。

自分で作る洋服も、リバティプリントを使用すると、 他のどんな生地よりも素敵に仕上がるように感じて。
どんどんとその魅力にのめりこんでいくことになりました。

それぞれの柄には、「由来やコンセプト」があり、
「ストーリー」があるところにも惹かれた理由です。

なぜ「バッグ」のネットショップなのか

「洋服」ももちろん素敵なのだけど、
ネットショップで展開するのに、イメージを固めるまでには至らなくて。

もっと自由度の高いアイテムで
様々なデザインが可能なものが商品としてはよいのではないか、と考え
そう それが「バッグ」でした。

お出かけする時に「バッグ」って必ず持つけれど、
そのスタイルによって、その日の気分もアップできるアイテム
そんなところに、魅力を感じていました。

洋服のように、体形にも左右されなく、
サイズには決まりがなくて
これなら、商品として様々なバリエーションで展開できると

そう思って決めた
「手作りバッグ」の「ネットショップ」
それが「エクリュ」の始まりでした。


でも、「バッグ」に使うには、リバティプリントはとても薄い生地ですし、
どうすれば、バッグにも素敵に使うことができるか、
形になった時にどうすれば、見栄えのする仕上がりになるか、
ということは、その後もずっと試行錯誤しながらの日々でした。

想いを形にしたショップに

「とっておきのアイテム」を作って販売する、
「ネットショップ」を持ちたい
そう思って、スタート。

「とっておきのアイテム」とは
 特別感ある 当店にしかないオリジナルアイテム として展開

これまでの業務経験と同様に
「ご希望を取り入れながら形にしていくこと」は、
 現在は、お好みの生地やテイストを選べる、
「オーダー」という形態で、実現することができています。


2011年4月11日に開業しました。
母の命日の前日にしたのは、
きっとどちらも忘れないだろうと思ったからでした。

開店当時「手作りの商品」の「ネットショップ」を「独自で持ち、運営している人」は非常に数少なかったと思います。
もちろん現在でも、独自のショップを持ち、運営することはたやすいことではありません。

でも、これまでWebの業務も経験してきましたし、
「自分でちゃんと運営するネットショップ」をすること
それは、どうしても譲れない想いで、続けてきました。

今でも、ちゃんとできているかどうかは?果たしてどうか、わかりませんが
こうして続けられていることに、
そしてご利用いただける皆様がいてくださることに、感謝しています。


当初から、ずっと気持ちの中にあるのは、
「作品」を作る「作家」ではなくて、
しっかりとした「商品」を作る「ショップ」でありたい。


そう思い続け、現在も運営しています。

思いを込めたアイテムも

「ギャザーラウンドバッグ」は、
昔、母が作っていたバッグを元にしたイメージのアイテム。

なぜだか母が、ギャザーのバッグをいつくも作っていた時期があり
(実際には、もっと小さくて、くしゃっとした簡易な作りのバッグでした)
海外にいる姉が、それを持っていて
撮影した画像を送ってもらって参考にしました。
こんな風に、商品化されているなんて知ったら母も驚くことでしょう。

どこか、レトロ感漂うイメージは、そんな由来からかもしれません。

当店開店当初からの、ロングセラーです。
何度かリニューアルしつつ、現在に至ります。

ecru エクリュ

実は苦手なことが・・・

「バッグ」作りは問題はなかったのですが、
「ポーチ」などの小物作りが、実は当初、とても苦手だったのです。

同じようなものに感じるのですが、なぜか小物が苦手で。
どうしても、ポーチなどのアイデアは、出てもこなければ、作っても今一つなものばかり。

でも、どう考えても、ショップをする以上、小物アイテムも間違いなく必要だから、これは乗り越えるべき課題だと・・!

そんな風に考え、試行錯誤しながらもやっていくうちにコツも掴み、 今では全く苦手意識はなく、想像以上に様々なポーチ等も展開できている現状です。

できないことなんてないんだと、そんな風にも思えたことのひとつです。

バッグだけではないコーディネートオーダー

運営していく中で、様々なご希望のお声をいただくことも多くなり
徐々に「オーダー」というスタイルを確立してきました。

当初は、バッグ単体での展開だったスタイルも
今では、小物もトータルにお揃いの「コーディネートオーダー」
その魅力をお伝えしています。

リバティプリントがお好きで当店を知っていただくことも多いのですが、
エクリュでは
「彩りのある日常」を提案し、
当店の商品を日常に、寄り添う存在にしていただく

ことを目標に運営しています。
その想いからも、最近では「神戸タータン」も取り入れることにしました。

ここ「神戸」から商品をお届けします

当店は基本的に「ネットショップ」だけの運営です。
でも、商品をお届けする時に、
皆様とてもわくわくと楽しみにしていただけるようで、

どんなところから届くのか、ということも楽しみにお待ちいただけるといいなと
ここ「神戸」から、商品をお届けしているということも
魅力の一つに感じていただきたいと思い運営しています。


より魅力あるアイテムを、
多くの皆様にお届けできるよう、
今後も努力していきたいと思っております。


手作り雑貨・セレクト雑貨 エクリュ ecru あなたのお気に入りになりますように

「あなたのお気に入りにしていただけますように」


最後までお読みいただきありがとうございます。
大変長くなってしまいましたが、
「エクリュ」誕生のストーリーを、書き留めておきました。
少しでも、当店の想いが伝われば嬉しく思います。

→「About ecru」に戻る



>